ラグマットの素材のメリット

ラグマットは、色々な素材が使われています。
用途により、素材を選ぶ事により心地よい部屋にする事ができます。
ウールの特徴は、夏は涼しく冬は暖かいため1年を通して使えます。
汚れがつくにくく、水をはじきやすいため扱いが楽です。
デメリットとして、値段が高い事や特有のにおいなどがしてしまいます。
ナイロンの場合、強度が強いのが特徴です。
汚れも落ちやすく、濡れるとすぐ乾きます。
デメリットとして、染色が難しい事と紫外線に弱いなどです。
ポリエステルは、出回っている繊維製品の中で一番よく使われている素材です。
しわになりにくく、色を付けやすく値段も安いので、繊維製品を作る時にはこちらを使われることが多いのです。
ポリプロピレンは、安く大量生産する事ができます。
繊維が軽く、水に浮くほど軽いのです。
デメリットとして、熱に弱い所や水を吸収する事ができません。
アクリルは、シルクのような光沢が出ます。
ラグでも、多く使われている素材なのです。
毛が出てしまうデメリットはありますが、メリットの方が多い素材です。
シルクは、滑らかで光沢があり保湿性があります。
デメリットとして、値段が高く、虫に食われてしまう事もあり扱いが難しいのです。
各素材のメリットとデメリットを比較しながら、選ぶようにすると良いでしょう。

▲ページの先頭へ